FC2ブログ

ありがとうございます(^.^)米田典行です。

倉敷市・米田歯科医院の院長ブログです。診療や生活の中で 出会って、感じた「ヒト・モノ・コト」について、徒然に綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歯科治療の真の目標は?

「食べる」「呼吸する」「心身のバランスをとる」
その要として、大切な働きをしているのが「口」です。
「口」は他の部分と同様に、「骨格」「筋肉」「神経」で構成されています。「歯」はその中の「骨格」の一部です。
しかも、左右にまたがるアーチ状で、上下が合わさって働くので、安定したバランスの良いアーチを保つことが最も大切なことです。
ですから、80歳の時点で自分の歯が20本残っているだけでは意味がありません。失われた歯がきちんと補われ、安定したバランスの良いアーチが保たれていることに大きな意味があるのです。
自分の歯で「8020」よりも入れ歯でも「8028」を目指すべきです。
要するに生まれた時から安定したバランスの良い歯並び(歯列)を目指して育成し、それを入れ歯になっても保全し続けることにより「健康寿命」を延ばすこと。これが歯科治療の真の目標だと思います。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。