FC2ブログ

ありがとうございます(^.^)米田典行です。

倉敷市・米田歯科医院の院長ブログです。診療や生活の中で 出会って、感じた「ヒト・モノ・コト」について、徒然に綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上唇小帯

上唇を引き上げたときに裏側から歯ぐきにつながるヒモ状のスジのことです。歯がはえはじめる頃は歯のキワまできていたり、前歯の間に入り込んでいる場合もあります。歯がはえそろってくると問題なくなることが多いので、3才ぐらいまでは様子を見ていてもよいと思います。

転んだ時に切ってしまうこともあります。上唇とつながっているため傷口も固定されにくいこともあり、なかなか血がとまらずビックリしてしまうこともあります。ほとんどの場合は問題はありませんが、大きく切れてブラブラしているような場合は縫合が必要なこともあります。

歯ブラシがしにくく、汚れがのこりやすかったり、無理にすると痛くて歯ブラシ嫌いの原因になることもあります。

ケガをしてから歯医者さんに駆け込むのではなく、日ごろから正しいお口の手入れのアドバイスを受けると良いでしょう。

スポンサーサイト

PageTop

GC友の会 岡山特別講演会

GC友の会 岡山特別講演会

当院の歯科衛生士 N と H と 3人で「GC友の会」のセミナーに参加しました。「GC」は歯科の機械・材料の日本を代表するメーカーです。 会場は岡山駅西口(いわゆる駅裏?) のママカリ フォーラム です。

開始が昼の12:30とセミナーとしては中途半端な時間でしたが、逆に少し早めに行って、ゆっくり昼食をとることができました。

今回のテーマは「食の問題」と「部分入れ歯」という比較的地味な話題でした。正直言って、あまり大きな期待はしていませんでした。 よくあることですが、期待していたものがそれほどでもなかったり、その逆であったりします。 今回は、「来て良かった」と思えるものでした。 人それぞれ感じ方は違うでしょうが、一番印象に残ったのは鈴木 尚先生の最後の一言でした。

「時流に流されず、よく観て(観察)、よく考えて、仕事をして下さい。そうすれば、楽しいものになります。同じやるなら楽しくやりましょう。」



つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。